お知らせ

先日、第93回センバツ高校野球出場校の発表があり、
中国地区代表である下関国際高校が選抜されました。
ここには、宇部ボーイズの4期生である水安勇君が在籍しており、
中国大会でも3番ライトで活躍していました。
まだ一年生ですが、勝負強く、長打力もある選手です。
みなさん、ぜひ注目して応援よろしくお願いいたします。
宇部ボーイズからは、1期生の酒井隼平君に続いて甲子園出場者は2人目になります。
彼は宇部ボーイズを引退後も、練習日にはほぼ毎日グランドに来て、
自分のトレーニングはだけではなく、後輩の面倒もよくみてくれました。
高校入学までに体がなまったりしないように、4月からすぐに練習に
参加できるような丈夫な体を作っておきたいと言っていたのが思い出されます。
コロナ禍の中で、山口県に元気を与えてくれると期待してます。頑張れ!!

ご挨拶



監督 玉国光男
 山口県宇部市内の高校野球のレベルアップをして欲しいという宇部市内外政財界からの強い要望のもと、近隣において硬式野球部でプレーを希望する子供たちの受け皿として、平成26年4月に公益財団法人ボーイズリーグ広島県支部『宇部ボーイズ』としてチームを発足しました。宇部商業高校野球部で約30年間にわたり監督を務めてこられた玉国光男氏が監督として就任し、直接指導を行っております。名匠玉国監督が指導されるということでメディアからも大きく取り上げていただき話題となりました。令和2年8月現在、新チームとして、2年生13名、1年生6名の総勢19名となり、チーム一丸となって練習に汗を流しています。近い将来、このチームの中から甲子園に出場し、プロ野球選手が輩出されると信じております。 今後も、山口県の硬式野球の発展に一層精励し、また、応援して下さる地元の皆様には、「私たちの周りにはいつも野球がある、応援できるチームがある」という気持ちをもっていただき、山口県全体の高校野球のレベルアップに貢献し、皆さまの夢と希望と期待に応えることのできるチームにしていきたいと考えております 。 平成28年3月には創部2年で春の全国大会へ出場し、その後も夏の全国大会、ジャイアンツカップにも出場しました。 尚、平成29年9月に福岡県北支部より北九州支部へ転籍しました。応援よろしくお願いいたします。

宇部ボーイズ 名誉代表 河村建一